美容と健康のための耳より情報

『年度末』

訪問看護・リハステーション ラヴィーの河本です。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去るという言葉があるように、あっという間に年度末を迎えました。

季節の移り変わりとともに冷たい空気が和らぎ、暖かい日差しが降り注ぐ日が増えてきました。

年度末と言えば新しい年度に向けた仕切り直しの時期ですね。

皆さんはこの時期をどのように過ごされるでしょうか。

私はそろそろ衣替えを始めようと思っています。

不要なものを処分して春物に入れ替えることで、気持ちのリフレッシュを図りたいと考えています。

心機一転、新しく何かを始めるにはいい時期かもしれませんね。

『睡眠と花粉症』

こんにちは。

訪問看護・リハステーション ラヴィー 理学療法士の吉田です。

立春を迎え、寒い日々の中にも春の暖かさを感じるようになりました。梅の花が咲き、桜の季節まであと僅かといったところでしょうか。

春を感じるこの季節は、新しい年度に向けてワクワクする時期と思いますが、花粉症歴25年の私にとっては憂鬱な季節です。今年のスギ花粉飛散量は、東北から近畿で例年よりも多く、3月上旬がそのピークになると言われています。

思い起こせば、あらゆる花粉症グッズを試してきました。高性能マスクは効果がありましたが息苦しく、健康茶やお薬にはお金がかかりました。

毎年、花粉症と悪戦苦闘をしてきましたが、結婚を機に基本的な生活習慣を見直して花粉症の症状を緩和できないかと思いつき、「夜更かし癖」を見直しました。そして、最近はグッと調子が良くなりました。

ちなみに花粉症を悪化させるNG習慣としてよく言われているのは…

・睡眠不足

・ストレスの溜め込み

・アルコールの飲みすぎ

・喫煙(受動喫煙を含む)

・運動不足

・室内に花粉を持ち込む(帰宅しても外着のまま)

・つらい症状を放置する

案外、NG習慣の一つを見直すことで症状が大きく緩和するのかもしれませんね。

『デイサービス忘年会』

こんにちは。ラヴィーリハビリテ-ションセンター神戸西の中村です。

 

ラヴィーリハビリテ-ションセンター神戸西では12月17日から22日まで忘年会を開催しました!

 

普段は運動を中心としたプログラムで一日を過ごしていただいておりますが、忘年会では食事を鍋料理に変更し、カラオケ、ボランティアによる余興も楽しんでいただきました。

 

そんな忘年会の様子を少しだけご紹介させていただきます!

 

まずは鍋料理!寒い時期にはやっぱり温かい料理が欲しくなりますね。皆さん、食事の後はほっこりした表情をしていたのが印象的でした。

その後、年に一度のラヴィーカラオケ大会の開催です!

 

カラオケには自信がある方は聴く人を魅了し、一方で、いつもは物静かな方がマイクを握ると一変、迫力のある歌声を披露してくれました。

 

そして、カラオケ後はおやつを食べながら余興を楽しんでいただきました。

 

今年は大阪ワッハ上方アマチュア演芸コンクールにも出演経験のある兵庫家 由吉(ひょうごや ゆきち)さんによる上方落語とボランティアによるクラリネットの演奏を披露していただきました。

 

来年もより楽しい時間を提供していきたいと思いますので楽しみに!!

 

最後に今年も一年間ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

 

※今回使用した画像はブログ掲載にあたり、本人の同意を得ております。

2018忘年会

『ギターとリハビリテーション』

こんにちは。訪問看護・リハステーションラヴィーの河本です。
訪問先でリハビリテーションを提供する合間に、利用者様やご家族様とはいろいろな話をします。
その中には利用者様から教わることや影響受けることがたくさんあります。
私は学生時代、バンドを組みギターを演奏していました。卒業後はギターに触れる機会はほとんどなくなり、10年以上部屋の隅に置いたままになっていました。
ある利用者様との関わりの中でお互いギターの経験があることを知ったことがきっかけで、私は久々に自宅のギターを出すことができ、弦も取り替え、練習も少しずつ始めるようになりました。
ギターに触れることで昔の思い出や音楽に触れる楽しさを思い出すことができます。
一方で、この利用者様も動きにくい手のトレーニングを兼ねてギターの練習を始められたそうです。
たわいもない話がきっかけで自分の生活が豊かになるだけでなく、利用者様の生活にも影響を与えることができる、そんな仕事をしているんだなと実感しています。
これからも訪問で関わる中で些細なことから共通点や共感できる部分を見出し、互いに良い影響与えたり受けたりできるような関係性を築いていきたいと思っています。

『ラヴィーケアプランセンター開設から3か月』

ラヴィーケアプランセンターのケアマネジャー植森です。

今年7月に居宅を開設し3か月が経ちました。

開設に関わらせていただけるという期待と同時に大きな不安もありましたが、一人ケアマネでありながら私の周りにはいつも手を差し伸べてくれる上司や相談に乗ってくれる仲間に囲まれながらあっという間に時間が過ぎていたように思います。

そして何よりも、看護師、理学療法士、作業療法士と違う職種、違う視点からの意見を聞くことができるというのは最大の強みであり最高の心強さであります。

まだ一歩踏み出したばかりですがこれからも地域の皆様や事業所の仲間に支えながら地域の中で望む生活が送れるようにお手伝いをさせていただきたいなと思っています。

『ラヴィーケアプランセンター』開設

訪問看護・リハステーションラヴィーの理学療法士の原田です。

私は利用者様のご自宅を訪問し、ご自宅でリハビリを行う仕事をさせて頂いています。

7月に居宅介護支援事業所『ラヴィーケアプランセンター』が開設しました。

これまでは看護師とセラピストのみでしたのでケアマネジャーと一緒の環境はとても新鮮です! 一緒に仕事をしてみると「ケアマネジャーはどんなことをしているのかな」と興味津々なこの頃です。

お互いに成長し合える仲間になっていきましょう。末永くよろしくお願いいたします!

『こんにちは!』

今月はラヴィーリハビリテーションセンター神戸西が担当させていただきます。
こんにちは。9月に入社しました中村紀代です。
あっという間に4ヶ月が経ち驚きです。仕事を早く覚えて利用者様にお役の立てる
よう無我夢中の毎日を送ってます。
介護の仕事をするきっかけは、両親が高齢になり、心配になってきたので勉強して
おこうと資格取得し、人のお役に立て今までの経験を活かせるやりがいのある仕事だと思い、ラヴィーと出会いました。
私は、元気で明るく楽しい事が大好きなので、無意識に何が起きても楽しむ方法を
考えてしまいます。箸が転んで爆笑!てな感じで 
これは伝染するので私の周りにいる人は、楽しい事が増えるかも(笑)
利用者様と和気あいあいで、とてもいい雰囲気でリハビリに取り組んでいます。
11月にラヴィー祭りがあり、私も初めて参加させて頂きとても楽しい行事でした。社員さんのファッションショ‐&間違い探しや、ボランティアさんの手品やダンシングヒーローの盆踊りバージョンなど(笑)(笑)(笑) 楽しかったぁ♪
ラヴィーでリハビリして出来ること増やし、楽しいって思える1日一緒に増やしませんか? 
 まだまだ未熟ですが、皆様の頼りになる人を目指して頑張ります♪


私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

『12月29日』

訪問看護・リハステーションラヴィーの金井です。
12月29日、訪問看護ステーションの大掃除でした。
私は、午前中訪問に行っており、帰ってきたら、事務所も訪問車もきれいになっていました!
訪問バッグを置く棚や、予備のタイヤを置く棚も設置されていました!
社員のみなさん、ありがとうございました。
きれいになった事務所で1年を締めくくり、また新たな気持ちで年明けにお会いしましょう。
今年も1年、たくさんの出会いがありました。
出会った皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

『第10回ラヴィー祭り』に参加してきました!

こんにちは。ラヴィーリハビリテーションセンター貴崎の吉田です。
 11月12日(日)は毎年恒例のラヴィー祭りが開催され、私もサポートスタッフとして参加させて頂きました。ボランティアチームの歌謡曲や踊りの披露は、秋らしい文化的な時間を過ごす穏やかな気持ちになることが出来ました。さらに、祭りの序盤には紅白対抗の玉入れゲーム、終盤には選抜スタッフのファッションショー間違い探しを参加者の皆さんとワイワイと盛り上がりながら体験しました。
 10回目の開催となる今年は他事業所のスタッフからの協力が多く、団結心を感じた催しでした。祭りの後にはスタッフ皆で振り返りをして、「来年は、もっと楽しい催しにしようねー!」という思いを大きくしました!
 来年もたくさんの参加者が来られ、盛大に開催されることを願います。
 ありがとうございました。


私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

『棒体操』

今回のブログはラヴィーリハビリテーションセンター二見のPT中川が担当させて頂きます。
現在明石二見事業所ではマシン運動とレッドコードの体操の他にマット運動や脳トレーニングなど様々な運動プログラムを作成し、希望するトレーニングを実施して頂いています。今回はその中から一番新しいプログラム内容である「棒体操」について紹介させて頂きたいと思います。
「棒体操は」、リハビリでも取り入れられている簡単で誰もが導入しやすい体操です。棒は、丸めた新聞紙の周りをガムテープで巻くだけで作製することが可能です。明石二見事業所では、利用者様にも協力して頂き作製しました。
主な目的は廃用症候群(はいようしょうこうぐん)の予防です。廃用症候群とは、本来使えるはずの身体を使わないことによって、どんどん身体が弱くなってしまう状態をいいます。単に筋肉だけでなく、骨や内臓の機能までも低下し、高齢者を寝たきりの状態にまでしてしまう恐ろしいものです。
棒体操には、これらを防ぐ効果があります。体操の例としては、手で棒を持ち上げたり、棒を手で回したり、棒で体を捻ったりします。利用者様御自身で無理なく運動できることもあり、身体を痛める可能性が低く安全性も考慮されています。
この運動では、上肢~体幹にかけての筋力強化、可動域向上、協調性(スムーズ・リズム良く動かす)向上などにも効果が期待できます。
当事業所では、10月より少しずつ開始しています。利用者様からは「これなら簡単にできる」、「腕が上がりにくいから助かる」などと声を頂いています。棒体操が少しでも利用者様の元気に繋がればと思います。

1

2

3

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

  • 最近の記事

  • カテゴリー

  • 過去の記事