美容と健康のための耳より情報

「今年もありがとうございました!」

こんにちは
訪問看護・リハステーションラヴィーの吉田です。

2013年も僅かとなりました。
年末には一年を振り返り、今年を笑って終える!それを楽しみにしています。
そのために残りの時間に私は向き合っています。
私は利用者様の自宅を訪問し、リハビリをする仕事をしています。
年末のこの時期は、共に歩んだ時間を利用者様と振り返り、
「今年も頑張ったね~」を共有しています。
振り返りを行うと次の道が開くが如く発言が変わります。
「来年は○○をしてみたい!」と未来を見た言葉が利用者様から湧いてきます。
そういった言葉に感動し、元気と勇気をもらっています。

皆様にとって、この一年はどのような感動や成果がありましたか?

来年の干支は午です。
「天馬のごとく駆け上がり、良馬のように並走できる」
そのような勇ましさと穏やかさをもった旅をする年であればと思います。

皆様にとって新しい年も良き旅でありますように。
今年もありがとうございました。

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

社員の皆様へ

  • 2013年12月16日
  • カテゴリー: 未分類

昨日、弊社の10周年記念式典が無事に開催する事が出来ました。
これも日々、地域の皆様のために必死になってサービスを提供してくれている
ラヴィー社員皆様のおかげです。
心からお礼を言わせていただきます、『本当にありがとう』

私たちのスタートは、マンションの一室から始まりました。
『訪問看護・リハステーションラヴィー』ほんとに小さな事務所でした。
その当時は役員も社員も関係なく、右も左もわからないまま、がむしゃらにやってきました。

その翌年の春にはステーションを水谷に移転し、それと同時にリハビリ型デイサービス
『神戸リハビリテーションセンター神戸西(現:ラヴィーリハビリテーションセンター神戸西)』
を開始しました。
デイサービスも、もちろん初挑戦だったのでわからないことだらけでした。

次に短時間でも私たちが出来ることがあると信じ、短時間のリハビリ型デイサービス
『明石リハビリテーションセンター明石西(現:ラヴィーリハビリテーションセンター明石二見)』
をオープンしました。
同じサービスでも土地が変わればまったく違うことを学びました。
更にもっと短時間のデイサービスを知ってもらうために『ポシブル明石
(現:ラヴィーリハビリテーションセンター明石貴崎)』をオープンしました。

そして、今年9月に入浴サービスにチャレンジするために有瀬に移転しました。
水谷に移転する時は、あんなに少なかった荷物が今回はトラック2台の引っ越しとなりました。

この10年本当に色々ありました。良いことも悪いこともたくさんありました。
そして、多くの出会いと別れがありました。

株式会社ラヴィーは『全員が元気になる』のもと、色々な事にチャレンジしてきました。
その都度、大変な事がありました。でも、ラヴィー社員は文句も言わず、一生懸命良いサービスを
提供するよう頑張ってきてくれました。
皆様に出会わなければ、今のラヴィーはなかったでしょう。
皆様との出会いに本当に感謝しています。

そしてこれからも一緒に頑張って日本中が『全員が元気になる』よう力を貸してください!

最後にもう一度、言わせてください。

『ラヴィーの皆様、ラヴィーに来てくれて本当にありがとう!皆様は私の誇りです。
そして、これからも一緒に成長していきましょう!』

株式会社ラヴィー
保険事業部 部長 高島浩樹

創立10年記念式典 お礼

  • 2013年12月16日
  • カテゴリー: 未分類

関係者各位、

拝啓 師走の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、過日は、当会創立10周年記念式典と小宴に際しまして、ご多忙中のところ
ご列席の栄えを賜り、誠にありがたく存じます。また、あたたかなお言葉まで賜りましたこと、
ここに改めまして厚くお礼申し上げます。
当日は、不慣れなことで不手際な点が多々ありましたこと、何とぞご容赦いただきたく存じます。
このうえは、皆様のご期待とご激励にお応えするべく、会社理念に掲げる『全員が元気になる』
を実現するため、会社をあげて地域貢献に邁進する覚悟でございます。
今後とも、倍旧のご指導とご支援またご愛顧の程よろしくお願いいたします。
略儀ながら書中をもちまして、お礼申し上げます。

敬具


平成25年12月16日
株式会社ラヴィー
保険事業部 部長 高島浩樹

肩コリにに困ってます><

今月は、ラヴィーリハビリテーションセンター明石貴崎、茨木が担当させて頂きます。

私はパソコンの前で事務仕事をしていると、もともと猫背である事も重なって肩コリがひどいです。
ご利用者様の中にも、長年五十肩に悩んでおられる方も多くいらっしゃいます。

ラヴィー貴崎では肩甲骨を動かすことで肩コリの緩和、上肢の筋トレ、シェイプアップを目的に
ペットボトル体操をしています。
ペットボトル体操を初めて約3ヵ月、肩コリがマシになった、肩を上げるのが痛くて出来なかった
という方が痛みがましになった、など好評です

ただ、どんな体操もそうですが続けないと効果があまり期待できません。
デイご利用中にだけ体操をするだけでなく、できればご自宅での自主トレでも
やって頂きたいのですが、家で「いつでもできる」「空いた時間にしよう」と思ってしまうと
なかなかできませんよね。

そこでラヴィー貴崎では、ペットボトル体操の時にはある決まった曲を流しています。
テレビを見ていてその曲が流れると、「あ、あの体操の曲だ!」と身体を動かす、あるいは、
動かしたくなるご利用者様が多くおられます。

体操が大切なのは知っている。続けることが大切なのも知っている。

でも、なかなか続けられない。

多くの方にとってそうだと思います。

ラヴィーリハビリテーションセンター明石貴崎ではみんなで考え、
続けるための工夫に取り組んでいます。
あなたも、私たちと一緒にもう一度夢を追いかけませんか?

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

「山」

「山」

今回のブログはラヴィーリハビリテーションセンター明石二見が担当します。

突然ですが、私の趣味は登山です。といっても去年から始めたばかりの初心者ですが…。
山に登っている時には嫌な事も忘れるし、気持ちよく体を動かすことで、ストレスもどこかに
いってしまいます。こういった時に体を動かすことの楽しさ、大切を感じることができますね。
そして同じように、ラヴィーに来て頂けている全ての利用者様に、運動の楽しさを感じて
頂けるように頑張ってます。
 利用者様の中には、登山が好きな方もたくさんいます。私は利用者様に、「今週は伊吹山に
登ったんです、来週は大峰山系に登ろうかな」などと良く話をします。利用者様も以前登られた時の
話をしてくれたり、時には当時の写真を持ってきて、ルートの情報や、危険箇所なども
教えてくれたりします。すごく懐かしく、とても嬉しそうな表情で話しをされるので、
きっとたくさんの良い思い出があるのだといつも感じます。でもその後には、少しだけ
寂しそうな表情になることもあります。
それは思い出の中にしかいない方のことを考えているのか、昔のように山に登ることができないと
考えているのかも知れません。その表情を見ると、いつも少しだけ後悔します。
 昔と同じように山に登ることは難しいかもしれないです。でも山の麓にまでなら行けるかも、
ロープウェイだってあります。私たちは運動やリハビリを通して、何かに挑戦すること、
一歩踏み出すための力をつけて欲しいと願っています。そしてそのためのお手伝いを
できることからしていきます。

先ずは来週山に登って、これからもたくさん話をしよう。  
久保 宏樹

 
「あきらめないこと。どんな事態に直面してもあきらめないこと。結局、私のしたことは、
それだけのことだったのかもしれない」
                                 植村直己

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

  • 最近の記事

  • カテゴリー

  • 過去の記事