美容と健康のための耳より情報

レッドコードでいい汗かこう!

今月は、ラヴィーリハビリテーションセンター明石貴崎、茨木が担当させていただきます。

ラヴィーリハビリテーションセンターの提供しているサービスの一つに、レッドコードを
使っての体操があります。

天井から吊るした2本の紐を使って、重心移動など大きくできるなどのメリットを活かして
日常生活の動作につながる動きを盛り込みつつ約40分身体を動かします。
貴崎ではこの40分の体操を前半、後半の2回、20分にわけて体操をしています。
前半は説明をして動きを確認しながら、後半は説明のために動きを一回一回止めないで
連続して身体を動かしていきます。しかもテンポに合わせて!!
後半の連続した動作は、動きを覚える、テンポに合わせる、と脳トレ、リズム運動の
要素を含んでいます。
これがまた難しいのです><
テンポに合わせることが難しい;;
動きを大きくしようとするとテンポからずれてしまったり、テンポに合わせようとすると動きが
小さくなってしまったり^^;
少々動きを間違っても、少しくらいリズムに乗れなくても、それでも一つ一つの動作は生活の中で
する動作につながります。後半の体操が終わった時には汗をかくほどいい運動ができます。

皆様は汗をかくほど身体を動かす機会が減っていませんか?

ラヴィーリハビリテーションセンター明石貴崎ではいい汗かきながら、しかも動作の練習まで
できます^^v

是非、私たちといい汗をかきながら元気になりましょう!

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

ボランティア募集中!!

こんにちは!「株式会社ラヴィー」の高島です。

今回はボランティアの募集について書かせて頂きます。

現在、ラヴィーリハビリテーションセンター神戸西ではボランティアの方を募集しております!

お手伝いして頂きたい内容としましては、

『お話し相手』『囲碁や将棋のお相手』『書道を教えていただく』『手作業の指導をしていただく』

など、様々な形でご利用者様に元気になってもらえるような活動をしていただける方が

いらっしゃいましたら、ぜひ一度お気軽にご応募して頂けたらと考えております。

それではたくさんのご応募お待ちしております。



私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

『おもてなし』

今回のブログはラヴィーリハビリテーションセンター明石二見が担当します。
おもてなし?何故いまさら?と思われた方もいらっしゃるとは思いますが、今回は東京オリンピックの話ではなく、同じくスポーツの祭典「ワールドカップ」のお話をしたいと思います。
皆様、ご存知のように今年はブラジルワールドカップが開催され、連日熱戦が繰り広げられています。
さて今回のW杯ですが、開催前には、ニュースでも反対デモやスタジアムの工事がまだ終わっていないだとか、色々と不安なことも言われました。
私が思うに、W杯も国を挙げて「おもてなし」をするイベントです。国家の威信や国のイメージ、国民性が問われるといっても過言ではありません。そして2002年には日韓W杯の開催があり、日本もW杯を体験しています。その時、日本に訪れた海外の人たちは、日本にどのようなイメージを持ったのか少し書いていきたいと思います。
イルランド記者
「カメルーン戦は劇的な引き分け。仕事を終え午前2時に宿舎に戻ると、従業員たちが屋外で拍手で迎えてくれ、大変感激した」
ベルギー選手
「日本と同じグループなのに、どこへ行っても応援してくれる。信じられない」
デイリー・ミラー紙(英)
「3万人以上の日本人が英国国歌を歌ってわがチームを熱狂的に応援した。顔中、イングランド旗にした日本人もいる。私の頭がおかしくなったのではない。これは本当なんだ」
このように、日本の応援や対応に驚きをもった記事が当時たくさん出ていました。
そこにはきっと日本古来からの思想、『お客様に喜んでもらいたいという感情があった』のだと思います。
私たち「株式会社ラヴィー」社員も、御利用の度に「来て良かった」「楽しかった」と思って頂けるように日々努力を重ねています。
その努力とはどのようなものか?!
【もてなす】
語源⇒『モノを持って成し遂げる』:お客様に応対する扱い・待遇を成し遂げ
る。ここでのモノは目に見える物体と目に見えない事象の2つを示す。
裏表のない心でお客様を迎えると言う事。
これらを心得た上で、お客様の期待を良い意味で裏切る、想定外の気遣いがで
きる私たちでありたいと考えております。
そして、利用者様に寄り添い、本当に必要なサービスとは何かと常に考え、実
践していきたいと思うのです。

「思いついたプレーのなかで、いつも一番難しいものを
                    選択することにしている。」
                             ロベルト・バッジョ

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

異動しました!!

今年の4月中旬から、ラヴィーリハビリテーションセンター明石二見から神戸西へと
異動勤務となった西垣駿と申します!介護運動指導員をさせて頂いております!
心機一転ラヴィー社員として、私の簡単な自己紹介と抱負宣言をさせて頂き、
『西垣駿に会ってみたい!』と思っていただけるとうれしいなぁと思います。

・名 前    西垣 駿(にしがき しゅん)
・生年月日   H3.08.07
・趣 味    スポーツ実践(野球・ゴルフ・ダーツ・ボーリング、他)
        スポーツ観戦(野球・プロレス)
・自己PR   小学生の時から高校を卒業するまでの間、野球をしてきました。
        体力には自信があり、明るさと元気が取り柄です。
・抱 負    誰からも愛され、頼りにされる運動指導員を目指しています!
        まずは、神戸西で人気NO1になれるよう、皆様と明るく元気に
運動していきますので、よろしくお願いします。
       
ここで一つエピソードを!!
小・中・高と12年間やってきた野球。本当に大好きで、今現在も社会人野球をしています。
何故そんなに好きなのかって?!
それは・・・一人ではできないスポーツだからです!個人の力だけでは勝利は無い!
『皆で力を合わせ協力し、1つの目標に向かう』そんなスポーツだから大好きなのです!
支え合い・助け合い・チーム全員で1つになって目標にぶつかっていく!!
勝って喜び、負けて悔しい・・・仲間と共に笑ったり(^^)、泣いたり(::)
そこで自分は人との友情や信頼という大切なものを感じる事が出来たのです。
この12年間で得たものが、社会人となった今、本当に大切で貴重な時間であることを
感じながら、それを活かしてラヴィーで頑張っています!
ここで、これまで一番近くで支えてくれた家族に感謝!
そして会社という家族の上司・先輩方・仲間に感謝!
自分の一番好きな言葉は≪感謝≫です。
今までも、これからも≪感謝≫を大切にします!

ラヴィーリハビリテーションセンターの利用者様、社員はとても明るく、優しい方ばかりで
働いていても笑顔が絶えません。
社員一同が会社理念である「全員が元気になる」を目指し≪感謝≫を大切にしている元気な社員と
運動してみませんか?
ぜひ一度、体験に来てみてください。社員一同心よりお待ちしておりまーす。(^0^)

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

  • 最近の記事

  • カテゴリー

  • 過去の記事