美容と健康のための耳より情報

『宮間選手から学ぶこと』

こんにちは。ラヴィーリハビリテーションセンター明石貴崎の吉田です。
わたしは地域のご利用者に健康と運動の視点から、元気になって頂くための提案と運動の指導をする
仕事をしています。また、運動に取り組むご利用者を応援することはこの仕事の面白い部分でも
あります。

さて、先日まで開催されていた女子サッカーワールド杯。多くの方が応援されたことでしょう。
なでしこ達の活躍には胸が熱くなりましたよね。特に、タフなチームを鼓舞し続けた宮間キャプテンの
コメントには感心することばかりです。世界のトッププレイヤーでもある彼女は、自分以外の人の
ためにプレーすることを大切にしています。日本代表として懸命に味方へ最高の瞬間を演出する役割を
担っています。そして、皆で作った結果に感情一杯で泣き、笑います。仲間と一緒に成果を得る喜びを
知っている彼女は、ある大会でMVPに選出された際のインタビューでこう答えたことがありました。

「個人の賞にはあまり興味がない…」

自分だけの喜びよりも皆で作った結果の喜びが大きいことを知っているのでしょうね。
わたしも仲間達と一緒にご利用者の方を応援し、今の頑張りを皆で喜べたらと思っています。
これからも地域のご利用者の皆さんを応援し続けます。

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

『結婚式』

今回のブログはラヴィーリハビリテーションセンター明石二見が務めさせて頂きます。
皆様はリハビリや運動は好きですか?
もちろん自分の体が良くなっていく喜び、体を動かす気持ちよさを感じる方も多いと思います。
でも辛い運動や、同じことの繰り返し、なかなか成果がでない焦りを感じることもあるかと思います。
継続して運動やリハビリを続けるためには、モチベーションを保つために明確な目標が必要だと
思います。勿論目標は人それぞれだと思いますが、最近あったケースを一つ紹介したいと思います。
 デイサービスに通うことになり半年程経過したKさん。当初は運動にも前向きではなく、色々な
サービスを勧めてみてもなかなか首を縦には振ってくれなかったそうです。
ラヴィー明石二見に来てくれることになったのは、たまたま社員と同郷であり、そこから話が広がった
ことがきっかけです。ただやはりリハビリには積極的ではなく、表情も明るくはなかったと思います。
そんな中、Kさんのお孫さんが大阪で結婚式を挙げることになりました。
Kさんも喜ばれていましたが、大阪までの距離、長時間に及ぶ披露宴の事を考え、自分は参加できない
だろうとおっしゃっていました。でも周りの人たちは皆、Kさんには結婚式に参加して欲しいと思って
おり、実際に参加できるように説得を続けていきました。そこからKさんは少しずつですが、運動に
前向きになられてきたように思います。
 結果からいえばKさんは無事に結婚式に参加することができました。お孫さんも喜んでおられた
そうです。その後一つの目標を達成したKさんですが、以前よりも明るい表情でリハビリに
取り組まれています。今回の件で自信を持つことができたようで、今は新しい目標を探している
ようです。もちろんこちらも全力でお手伝いさせて頂きたいと思います。
最後に結婚式場の席におかれていたメッセージカードの内容を紹介します。

LAVIE_TAKASHIMA - 二見6月修正

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

  • 最近の記事

  • カテゴリー

  • 過去の記事