美容と健康のための耳より情報

『朝顔』

二見朝顔
今回のブログはラヴィーリハビリテーションセンター二見が務めさせて頂きます。
ラヴィーリハビリテーションセンター二見では、夏に向けて朝顔を育てています。
伝統的な行燈仕立てと、ネットを使ってグリーンカーテンを作る準備をしています。
忙しい日常の中で、少しでも利用者様や近隣の方に、美しく咲き誇る朝顔で、ほんの一瞬でも「目の保養」「癒し」の瞬間を楽しんでいただけたらと思いながら育てています。
 
ではここで「朝顔」についての豆知識を一つ!
「朝顔」は植物的分類ではサツマイモの仲間になります。
日本には奈良時代に遣唐使によって持ち込まれたとのことで、江戸時代には品種改良により、多様な種類朝顔が園芸用として作られていきました。
「朝顔」は一年草ですが「出物」と呼ばれる変化は種子ができない、あるいは非常に結実しにくいため系統の維持ができないそうです。その為、たくさんの種をまき、小苗の内に葉の特徴から変化を有している株を選び出す必要があるそうです。
江戸時代の人々は科学的では無く経験的に※メンデルの法則を知っていたとも言われるそうです。昔の人の知恵と経験則はすごいですね。
※「メンデルの法則」オーストリアの僧侶・植物学者であった、グレゴリー・メンデル(Gregor Johann Mendel 、 1822-1884)はエンドウ豆などを研究しているときに、かけ合わせ方によって遺伝に ある法則性があることを発見しました。

また、「朝顔」の葉を揉むと出てくるネトっとした汁には、微量のアルカロイド成分が含まれています。これを虫に刺された患部に塗ると、鎮痛効果をもたらし、血行改善による早期治癒が見込めるとのこと。
『あ!今家にムヒがないけど「朝顔」はある!』という時?!に試してみたいですね。
お子さんの自由研究の題材としても良いかも?!(あくまでもお薬ではありません)

 夏にはきれいな「朝顔」と「社員の笑顔」が沢山咲いていますので、お近くに来られた際にはぜひ立ち寄られて鑑賞していって下さいね。

私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」

『よろしくお願いします!』

今月のブログの担当はラヴィーリハビリテーションセンター神戸西介護運動指導員の瀧下恵子です。
よろしくお願いします。

年齢は ひ・み・つ
好きなアーティストは       エグザエル・嵐
                 北川景子・堀北真希
チャ-ムポイント         目?

介護の仕事を選んだのは今は亡き祖父祖母の介護をきっかけにはじめました。
利用者様が元気になり笑顔が見られたときこの仕事をえらんでよかったと
思い13年頑張ってきました。

私の目標は、知識、技術を磨き、私に出来ることを探し利用者様のサポートをし
「全員を元気」にしていきます。

私がラヴィーに決めたのは、正直に言いますと「家から近い」(笑) からですが、
大変なお仕事ですが、この大変さを喜びに変えて行ける所であり
なんでも言い合える職場です。

これから介護のお仕事を・・・と考えている方 
 是非ラヴィ-の門をたたいてください。一緒にお仕事しましょう。


私たちは今を諦めない人を応援し続けています
⇒ 「株式会社ラヴィー」



  • 最近の記事

  • カテゴリー

  • 過去の記事